2014年5月07日(水曜)19:27

標準パイテープ(内径用)

投稿者: Super User
  • 内径直径測定用パイテープは被測定物の内側にテープを添わして内径直径を図るものです。
  • 0.01mm単位で読み取りが可能で、直径3600mmまでは±0.03mの精度があります

仕様

・バーニア幅:6.35mm ・本尺幅:6.35mm ・本体幅:12.7mm ・テープ厚み:0.254mm
測定できる
内径直径の範囲
単位mm
テープ材質
1095スプリング鋼
テープ材質
716ステンレス鋼
テープ材質
1095スプリング鋼
EZホワイト
テープ材質
1095スプリング鋼
EZブルー
精度
品番 品番 品番 品番
100-300 PM1ID PM1IDSS PM1IDWEZ PM1IDEZ +/-0.03mm
300-600 PM2ID PM2IDSS PM2IDWEZ PM2IDEZ +/-0.03mm
600-900 PM3ID PM3IDSS PM3IDWEZ PM3IDEZ +/-0.03mm
900-1200 PM4ID PM4IDSS PM4IDWEZ PM4IDEZ +/-0.03mm
1200-1500 PM5ID PM5IDSS PM5IDWEZ PM5IDEZ +/-0.03mm
1500-1800 PM6ID PM6IDSS PM6IDWEZ PM6IDEZ +/-0.03mm
1800-2100 PM7ID PM7IDSS PM7IDWEZ PM7IDEZ +/-0.03mm

※上記表にない特注サイズにつきましては測定直径範囲が1,000mm以内であれば、任意のサイズのパイテープが作られます。但し、1000mmを超える測定範囲のパイテープは製造できません
       (例:測定範囲 350-600mm、950-1050mm、1250-1630mm等)

使用方法

パイテープのバーニア部の上が本尺部の下になる様に被測定物の内側にパイテープを這わせます。この時、パイテープが被測定物の内側に密着させるように固定してください。マスキングテープ、磁石等を利用してもいいかもしれません。テープにテンションをかけられませんので、内径用パイテープはテンションゼロで校正されています。

 

 

 

 

 

パイテープとは

 

円筒型のワークの外径、パイプの外径・内径、Oリングの 内径等の直径を正確に測定する優れたメジャーです。
パイテープは特殊な目盛を備えた細いテープからできています。
これらの目盛は円周のサイズを直径に置き 換えていますので、測定者は単に目盛を読み取るだけで、直径を正確に即座に測定することができます。
パイテープの3,600mmまでの外径測定用標準パイ テープは、0.03mm以内の精度を保証しています。
出荷される前に全てのパイテープが校正され、それぞれに英文校正証明書兼検査成績書及び英文トレーサ ビリティ体系図が添付されています。
アメリカではアメリカ航空宇宙局(NASA)、アメリカ陸海空軍、ゼネラルエレクトリック社、ボーイング社、ゼネラル モータース社等、
多くのユーザー様にご使用いただいています。

 

パイテープの構造

パイテープは1本の細いテープから成り立ち、標準テープはその幅が12.7mmあります。 両端部分を真ん中で2つに割ったような形になり、片側に本尺メモリ(直径を0.5mm単位で読み取る目盛りがついています) もう片側にバーニアメモリ(直径を0.01mm単位で読み取る目盛りがついています)がついています。 これらのメモリはエッチングで作られているので、簡単に消えるものではありません。 また、テープの幅は12.7mmありますが、お客様のご要望に応じてテープ幅9.35mmの細幅テープ、 19mmや25.4mmの広幅テープを作成することも可能です

 

 

パイテープの大きなメリット

パイテープはコンパクトな測定機器なので、非常に持ち運びに便利です。
さらに標準のパイテープ1個の測定範囲は300mmあるのに対して標準のマイクロメーターは、測定範囲が25mmしかないため、 パイテープ1個でマイクロメーター12個分の働きをすると言うことができます。

 

パイテープの歴史

パイテープはアメリカのノーマン・コリンズが1944 年、ガスタービンの分野では世界屈指の製造メーカーである アメリカサンディエゴにあるソーラータービン社で働いているときに発明されました。

さらにレオ・コックランがノーマン発明を見て会社設立を進言し、ノーマンの会社が拡大していきました。
それと同時にノーマンはアトラスミサイル誘導システムの退役した射程技術者であるハロルド・フィリップスを紹介されました。
1966年にはハロルドとノーマンは共同経営者となり、会社名もノーマン・コリンズ社からコリンズ・フィリップス・ツール社と変更しました。
ついに非常に正確に直径を測定する測定器として同じ意味を持つものとしてパイテープという商品名とロゴが世界に広く紹介されることとなりました。

当初日本国内においては蔵王産業株式会社がパイテープ製品を取り扱っていましたが、 2004年12月にパイテープ社と株式会社ファーステックが排他的代理店契約を締結し、 弊社がパイテープ社の専属代理店となりました。    

パイテープの優れたパートナー

コリンズとフィリップスとパイテープの歴史はアメリカの航空宇宙産業の最も革新的な時代と平行して歩んできました。
  ジェミニ計画、アポロ計画、サターン計画においてはすべての計画でパイテープが利用されいました。
General Atomic社、NASA、Lockheed社、Rocketdyne社、Ryan Aeronautical社、Solar Turbines社、Rohr社、 Convair社、General Dynamics社、Boeing社、Martin Marietta社等の会社はすべてパイテープ製品を信頼して利用し、 製品の向上に役立てています。

今日、パイテープはアラスカのパイプラインから印刷用ロール、原子力発電所からPVC押し出し機、 航空宇宙産業からタイヤ産業まで世界を牽引する主要な産業で60年以上もの年月にわたり、使用されています。  

トレーサビリティ体系図

こちらよりトレーサビリティー体系図をダウンロードしていただくことが可能です 
下記写真をクリックしていただくとPDFを開くことが可能です

 

Q&A

A.一般的には、クロックスプリングスチール製のものが最も売れています。ステンレス製は錆びにくいため、錆びにくさを求められる環境下でご使用されるお客様に向いています。クロックスプリングスチール製のEZブルー、EZホワイトテープは目盛が非常に見えやすくなっているので、照明の暗い環境下での使用に適しています。ただし、ホワイトパイテープは塗料がはがれる心配がありますが、ブルーテープはそのような心配がありません。
A.校正証明書と検査成績書及びトレーサビリティ体系図は英文のものがすべてのパイテープ二最初から付属しています。

A.可能ですが、英文表記となりますので、お客様の英文の社名をお知らせください。

また当社の在庫品のパイテープに付属の校正証明書には名前が明記されていませんので、名入れの校正証明書が必要な場合は都度取り寄せとなります。そのため納期が2-3週間かかります。

(※再校正の際も、同様に校正証明書にお客様の名前を入れることができますが、事前にお客様の英文社名をお知らせください。)

A.発行日につきましては再校正した日が発効日となります。過去にさかのぼって日付をいてることは不可能です。またアメリカに送る日数が必要なため、直近の日付であれば、不可能なこともあります。有効期限に関してはお客様の指定に合わせて記入することは可能です。

A.校正間隔はお客様の使用頻度にもよりますが、一般的には年に一度の再校正を推奨しています。

A.取得可能です。パイテープ全製品は出荷前に、国家基準にトレーサーブルな機器を用いて校正していることを証する校正証明書兼検査成績書及びトレーサビリティ体系図が添付されています。


下のボタンからカタログのPDFのダウンロードが可能です


 

Last modified on 2017年8月22日(火曜)17:39

かごの中を見る

かごの中を見る

一部の商品はこのWEBサイトより直接のご購入が可能です。ご不明な点がありましたら以下よりご確認いただき、オンラインショッピングをお楽しみください。

ショッピングガイド

株式会社ファーステック

〒578-0911
大阪府東大阪市中新開1-15-11
TEL:072-960-3340
FAX:072-960-3399

 

1-15-11Nakashinkai, Higashi-Osaka, OSAKA
5780911 JAPAN
Phone +81-72-960-3340
FAX    +81-72-960-3399

採用情報

  • 新卒採用情報
  • キャリア採用情報
  • メッセージ
  • 採用についてよくあるご質問

その他